門番の名を冠す。

Categoryリベリオン
 1
ろれです。
大寒波も一段落ついて、ようやくちょっと暖かくなってきた感じですねー。
酷い時は私の所も夜間に-20度に突入していたりと流石にちょっと寒いなと感じていました。
ストーブ無いとこれは本当に死んじゃう勢いです・・・暖気はしっかりと!



ゲートキーパーゲット!

さてさて、今回もまたまたリベリオン関連のお話を~。
先週実装された新イリュージョンテディベアで実装された新銃「イリュージョンゲートキーパーDD」を今一度振り返ってみたいと思います。
長らく現れていなかった新しい武器に、リベリオン界は結構な賑わいを見せています。

ゲートキーパーDD。

今回はショットガンカテゴリでの新銃なので、どんな使い方をしていけるのかどうか気になりますよねー。
私もリベリオンの端くれとして非常に気になる一品ですw

大まかに気になるところをつついてみましょう。

精錬値1毎にDEF+50。

リベリオン特有の両手武器ではありますが、本来のゲートキーパーDDと同じく精錬値によってDEFが上昇する効果があります。
他の銃にはない、組み合わせ次第ではDEFを高い水準で獲得する事が出来る凄く優秀な子。
+7を見据えたとしても、そこで得られるDEFは+350と結構高め。
これをライオットセットやダークハンドセット等と併せて使うと、防御寄りの装備構成が構築出来ていい感じですね~。
+9精錬付近まで頑張ればDEF1000越えも夢じゃない!

・精錬値次第でDEFカットがとれる。

これは物理職としてはかなり大きい部分で、DDを主軸に装備を構築する場合はDEFカット用防具を少し減らす事が出来ますね。
最低保証の+7でもまず50%無視を取ってくれる為、DEF50%カット装備をもう一つ添えておけば大丈夫と言う事に。
+9の敷居は高いけど、もし完成すれば武器だけでDEF100%カット取れちゃう優れもの!装備の幅が広がります。

・オートスペルで「シャッターストーム」が出てくれる。

リベリオンでのオートスペルと言えば、反逆者のスカーフとの連携で使えるグレネードスキルのドラゴンテイルが主なものだったですが、今回新しく武器単体でオートスペルを搭載したものが登場してきたと言うのも面白い点。
狭い範囲ながら、武器のスプラッシュダメージと併せて高威力のオートスペルがどんどん出てくれるのは中々楽しい感じ!
武器の精錬値を上げる事で発動率もアップし、勿論反逆者のスカーフによるシャッターストームダメージアップもしっかり乗ります。
但し、オートスペル効果が利用できるのはBase170以上から。
そこそこ成熟したリベリオンさんが使う事の許される要素なのですね。

・エンチャントによる更なる攻撃力アップが望める!

イリュージョンシリーズには共通してイリュージョンエンチャントが施せると言う特徴があります。
ラインナップ内には精錬値に応じてダメージ補正が大きく入る強撃シリーズもありますので、これを出来れば付けて使っていきたいところ!
仮に強撃5(精錬値1毎に物理攻撃アップ+10%)を付与した状態で、色々ボーナスの付きだす+7で止めたとしても攻撃補正+70%と中々の性能に。
但しエンチャントには幻想の石が必要だったり、エンチャントそのものが中々大変と茨の道的な所はあると思いますが・・・。

しかし、こうして新しいリベリオンのスタイルを作る切欠になってくれそうなゲートキーパーDD、今後の使い方の研究をするのが楽しみですね。
私も+7のエンチャント無し品はとりあえず一つ揃えましたが、やっぱり1個はエンチャント付きのが欲しいですね!
いつか手に出来るようお金稼ぎを頑張ろう・・・。

そんなわけで新銃に関する記事でした!
素撃ちで使えたりスキルでも使えたり、フレキシブルなこの銃の今後が楽しみです。

ではでは~。



↓お読みくださりありがとうございます。
 宜しければぽちりとお願いします~。

1 Comments

イチコロン  

>-20度に突入していたりと流石にちょっと寒いなと感じていました。
ろれさん流石だ・・・・強い!(;´~`)

2019/02/13 (Wed) 08:02 | REPLY |   

Post a comment